<< ☆山陰旅行記1日目☆ | main | ☆山陰旅行記3日目☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
☆山陰旅行記2日目☆
朝は早かったです
8時頃、朝日で目覚めたんで行動開始!!


大山の鍵掛峠展望台から撮った写真です拍手




upこんな所で1泊するねっちって汗汗
そりゃ寒いわなイヒヒ

次は近くにある大山のお寺へゴ〜です自動車
朝早いけど、登山の人多かったよ!!









まぁまぁー色んなお寺がありましたチョキ
でも山の中にお寺さんなので・・・正直歩くの辛かったです汗
でも、すれ違う人に挨拶するの好きなんですよ〜ムード
疲れが吹っ飛んじゃいます楽しい
ほとんどがおじーちゃん、おばーちゃんなんで
ねっちみたいな若いのは珍しかったのかなイヒヒ




upすーごく高い木がドーーンと道のど真ん中に立ってます!!
下に人が居るんですが、木の大きさがどれほどのものか分かりますよね汗
ここから大山のお寺に行くまでが大変なんですよたらーっ



up大山から見る町並みです
夜になるとどうなるんやろ?妄想が膨らみますムード

大山を下りた後は米子(よなご)に行きました
湊山公園で車を停めて、米子城跡に行くことにしました

途中、自転車で各地を旅しているAKOちゃんに出会いました拍手
この人はめっちゃスゴイ人出して汗
日本の各地を回りながら紙芝居をしているそうなんです
温暖化防止を温暖化帽子と言ったシャレを言いながらも
『大変』は、大きく変わる。変われるということ
なんか雰囲気はありました!!
こんな所で偶然出会えるなんて汗これも運命??



up当の本人は滋賀県出身だそうです
ねっちと同じ関西人なのねラッキー
とてもお茶目な人でしたラブ

結局、紙芝居全部見ちゃいました
急いで米子城跡を目指しましたチョキ
バス停から徒歩5分って書いてたんですが・・・
坂は急だし、登るのにメッチャ苦労しました汗汗
15分くらいかかったかなたらーっ







米子城跡からは360℃見渡せる絶景になっていますムード
大山・中海・日本海とスゲーです拍手


予定があるんでボーーっとしてはいられません!!!!
次は安来(やすぎ)に行きました
目的は
米国の庭園専門誌で日本の庭園ランキングで4年連続日本一足立美術館です

お腹も空いてたんで、遅めの昼食をとることに
どじょうが有名らしいので、近くのお店でどじょう御膳を食らいましたモグモグ

足立美術館の入場料は2200円です!!高っ汗汗
さすが日本一の庭園汗
中は正直スゴイですびっくり1年の手入れの苦労さが伝わってきました
個人的には紅葉シーズン・雪が積もっているシーズンがイイと思いますムード






はてさてー次に行きましょうイヒヒ
このまま松江に行っても良かったんですが、まだ時間があるので
境港(さかいみなと)にある
水木しげるロードを歩くことにしました





up色々なブロンズ像があって面白いです
これらはほんの一部でして、100体以上のブロンズ像があります!!!!
水木しげる記念館にも行きまして
こちらは入館料700円でしたイヒヒ

あわわぁ〜ゆっくりしてたら目的に間に合わないので
そそくさと境港を後にしまして、松江に向かいました

松江での目的はただ1つ!!!!
宍道湖の夕日でしたムード

まずは島根県立美術館に行きまして、色々な芸術を見た後
2Fのエントランスから夕日を見まして
美術館の前の広場で沈みゆく夕日を見ることにしました



up本日の疲れを吹き飛ばしてくれるキレイな夕日でした拍手
宍道湖を赤く染めながら沈みゆく夕日・・・
ロマンチックすぎます!!!!
今まで見た夕日で一番の感動でしたねグッド




up日本海テレビと相棒のパイちゃんですムード

次は疲れを取る為、温泉に行くことに自動車
湯の川とか行きたかったんですが、疲れがドッ!!ときてたんで
温泉はテキトギザギザ汗汗



upきまち温泉でゆっくり疲れを取る事にしました
温泉はやっぱりイイネッグッド1日の疲れが取れましたよムード
温泉入った後は広間で、阪神vs巨人戦やってたんで
試合終わりまでゆギザギザっくりラブギザギザんびりラブ


その後は、明日の目的地まで移動しましたチョキ
石見銀山(いわみぎんざん)まで移動したんですが、ここも寒かったあせあせ
でも、星空はメッチャキレイでしたよラブ
2日も連続で、こんな素晴らしい星空が見れるとはぴかぴか
都会では考えられないことですし、ただただ感動してました汗汗



up1日の走行距離です自動車
ねっちお疲れ様ぴかぴか
| 旅行 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mxpx-love.jugem.jp/trackback/242
トラックバック